明確な相場がない板金塗装の料金ですが、作業の手間などの事情から来る傾向や大体の相場などを紹介しています。

明確な相場がない板金塗装の料金体系

MENU

板金塗装の料金や相場

板金塗装の料金や相場というのは、とても分かりにくく相場もしっかりとした相場はありません。
板金工場によって、料金設定のやり方もさまざまですし、車の損傷した部分にもよります。

 

車の損傷の度合いは様々で、同じ部分を損傷させたとしても、その損傷の大きさによっても料金は変わってきますし、損傷の大きさを手間がかかる損傷と捉えるのか、簡単に直せると捉えるのかも、見積もりを出す職人さんの見方によって変わってきます。

 

この様に板金塗装の料金設定に明確な物はないのですが、業界全体的な傾向や、損傷した部位などに応じて板金塗装の料金を説明します。

 

 

前後のバンパーの料金相場

バンパーの傷の画像

まずは正規には板金塗装とは呼ばない修理部位になりますが、車の外装の損傷で一番多いのが前後のバンパーです。大きい事故でもかなりの確率で損傷しますが、それ以外にも自損事故でぶつけて傷付けるケースが非常に多いのです。
バンパーはほとんどの車が金属パーツではなく、「FRP樹脂」という素材を使用しています。
FRP樹脂は熱を加える事などにより簡単に形成を整える事も可能ですので、板金の料金は安いと言われています
バンパーの修理内容は大きく分けて3種類で、「部分塗装」「一本塗り」「バンパー交換」です。

 

 

部分塗装

部分塗装の場合は、その中でも種類があり、最近では簡易修理という方法も人気です。
簡易修理は決められた範囲内、例えば5cm×5cm以内であれば1万円を切る料金で直すなどのちょっとした補修方法です。
通常の板金工場では簡易補修は扱っていないケースも多く、簡易補修は専門の簡易補修業者が行っている場合が多いです。

 

板金屋での部分塗装は、損傷した部分を塗装して、最低限の部分のみの塗装で残りはボカしをして綺麗に見せます。
バンパーの場合は、角をぶつける人が多く、そういった場合でも、曲線部分で塗装をボカすのは難しいので、バンパーの中心の平面な所でボカすケースが多く、結果的にバンパーの損傷した側半分を塗装するのが一般的です。

 

 

バンパーの1本塗り

料金は板金工場で作業する内容の中では安く、2万5千円~3万5千円くらいで料金設定しているケースが多いです。

 

部分塗装で塗装をボカすと、修復直後は綺麗に見えますが長い期間車に乗っていると、経年劣化で色の褪せ方に差が出てくるリスクがあります。
こういったリスクを回避したり、より精度の高い仕上がりを求める方はバンパーの1本塗りになります。

 

その名の通りバンパーを一本丸ごと塗装する方法で、損傷した部分が一部分でも1本塗りはお勧めです。
料金は塗料代などが高く付くので、部分修理に比べて5千円~1万円ほど高く設定をしている所が多いです。

 

 

バンパー交換

形状の修復が不可能なほど損傷している場合はバンパーその物を交換します。
メーカーの部品流通センターに塗装済みのバンパーの在庫があるかによっても料金は変わってきますが、通常の乗用車で5万円~6万円前後が相場となっています。料金設定が高い板金屋の場合は、大掛かりなバンパー補修は交換の代金と変わらなくなってくるケースもあるので、修復可能でも損傷が大きければ交換を勧められるケースもあります。

 

 

 

その他外装の金属パーツの料金相場

車のドアの画像

車の外装でバンパーとサイドステップ・スポイラーなどはFRP樹脂を使用しているケースが多く、サイドステップやスポイラーの場合はパーツその物の料金設定が安く交換修理対応となるケースも多いです。

 

上記以外の車の外装パーツは、主に「ドア」「バックドア」「フェンダー」「天井」「ピラー」などを含めたメインシャーシなどに分けられます。これらの部品は金属を使用しているパーツですので、板金料金はバンパーなどのFRP樹脂のパーツに比べて高くなります

 

 

金属パーツは早めに修理しよう

バンパーなどの部品はぶつけて塗装が剥がれた状態で放置しても、走行の妨げにならなければそれ以外の悪影響はありませんが、鉄を使用した外装部品の場合、塗装が剥がれた状態で放置すると、塗装が剥がれた所から錆が出てくるリスクもありますので、金属パーツは早めに修理するとよいでしょう。

 

 

車の板金塗装の料金で一番重要なポイント

金属などの車の板金塗装の料金で一番重要になるポイントは、損傷した部位が、
「パネル(パーツ)をまたいでいるか」「またいでいないか(一つのパーツ内だけの損傷で収まっている)」です。

 

ドア1枚を板金塗装で直す場合、10万円前後で行う事ができます。
例えば、事故などでぶつけた時に長い距離を引きずって、前後のドアから前後のフェンダーやピラーまで複数の部位にまたがって損傷した場合は、板金塗装は大きな手間がかかります。単純にドアを2枚損傷した場合は、1枚のドアを板金塗装する2倍近い料金がかかるのです。

 

更にフェンダーなどの部位が増えると、板金塗装は側面だけでも30万~50万などの高額料金になる場合もあります。

 

また、強い衝撃の事故でフロアパネルなどが押されるなどで変形した場合や天井などにも損傷が見られる場合は高度の板金塗装技術が必要になり、場合によっては車を買い換えた方が経済的となる見積もりになるケースもあります。

 

 

板金塗装の料金や相場には明確な物はありませんが、損傷した部位によって修理代金・見積もりが大幅に変わってくるのはどこの板金工場でも共通して言える事です。また、板金塗装においては、料金が安い所を利用すれば良いという物ではありませんので、別の記事でも説明する板金屋の選び方なども参考に見積もりのアイミツを取りながら、話を聞くなど良い板金工場を選ぶ事も重要です。