簡単な道具でできる自家塗装にチャレンジしてみましょう!!

セルフ板金塗装の初級編「スプレー缶塗装」に挑戦!

MENU

自分でできる板金塗装「初級編」

 

板金塗装の初級編では、まずは綺麗な面へ対して、スプレー缶などで自家塗装をする事から始めましょう。
スプレー缶塗装は、簡易的な設備で手軽に始める事ができます。(参考記事:DIY板金塗装に必要な道具)

 

・自家塗装には、板金塗装の基本が詰まっている

 

板金塗装は最終的には必ず色を綺麗に塗り上げます。
その工程では、下地処理や磨き上げ、本塗装などによって、最後の仕上がり状態が左右されます。
初級編のスプレー塗装を馬鹿にする人もいますが、板金塗装を覚えるための基礎が詰まっています。

 

 

・まずは手軽な物から塗ってみよう

 

板金塗装に始めて挑戦する時は、いきなり傷ついた車のボデーを塗るのではなく、身近な物から塗ってみましょう。
バイクのヘルメットや、工具箱など失敗してもいいと思える物から塗ってみましょ。

 

 

・まずは下地処理

 

板金塗装をする時はまずは下地処理を行います。
綺麗な状態の物であっても、脂や生活傷などがあると綺麗に濡れません。
耐水ペーパーで入念に磨き上げます。この下地処理が綺麗にできていないと塗料が綺麗に乗らずムラができてしまいます。

 

 

・下塗り塗料を塗る

 

サフェーサーやプラサフなど下地専用の塗料を塗ります。本塗りする色によって下地処理に適した塗料が違います。

 

 

・再度磨き上げをする

 

下塗りをしたら、再度サンドペーパーや耐水ペーパーで綺麗に磨き上げます。

 

 

・本塗装をする

 

下塗りが終わり、乾燥と磨きが終わったら、好みの色に本塗装をします。
塗料が厚すぎると垂れてしまうので、少しずつムラができないように慎重に塗っていきます。

 

 

・クリアを塗る

 

本塗装が終わり、しっかり乾燥させたらクリアを塗ります。
クリア塗料を塗らないと塗装が弱く艶がでません。つや消し色にする場合は不要です。
クリアも垂れやすいので慎重に作業を行います。

 

 

・再度磨き上げ

 

磨き用の目が細かい耐水ペーパーで艶が出るまで磨き上げを行います。
最後はワックスと電動ポリッシャーなどで磨くと、より綺麗に仕上がります。

 

 

・スプレー塗装は、お湯で少し温めるとよい

 

スプレー塗装を上手に行うコツで、スプレー缶を塗る前に湯せんで少し温めると、圧が上がって勢いよく決め込ま焼く塗料が噴射されます。
お湯が熱すぎると爆発するリスクがあるので、軽く温める程度で活用してみるとよいでしょう。