オールペンやカスタムペイントもできるようになる板金の工程を習得しよう!

セルフ板金塗装の上級編「板金工程」にチャレンジ!

MENU

自分でできる板金塗装「上級編」

 

板金塗装の上級編では、「板金」の工程を本格的に行います
パテでは対処しきれない、大きな凹みや傷も板金塗装の技術を使えば、綺麗に直す事ができます。

 

 

車をバラす整備力が必要

 

板金塗装を本格的に行う場合、凹みや傷を裏側からハンマーで叩いたり、溶接で部品を交換する作業も必要になります
ドアの場合は内張りを全部剥がす必要があり、バンパーは一度外すなどして、板金補修をするための準備をしなければいけません。
車の大きな部品を外すための工具や、作業台なども必要になってきます

 

 

板金のやり方は、損傷度合いによって変わる

 

板金塗装は、大きな傷は全て裏側から叩けばいいという訳ではありません。
押されて潰れているのか?引きずって削れているのか?など状況によって修理方法が変わってきます

 

損傷が大きいと板金では対処できず、部品交換が必要になる場合があります。
軽微な傷の補修から少しずつ経験を積んでいって、臨機応変に適切な補修方法を見極める判断力が必要です。

 

 

パテを塗る量は最低限になるまで補修する

 

凹みや傷を、ある程度補修できれば、あとはパテで対応する事ができます。
しかし、ハンマーなどで板金補修をする場合は、できる限り最小限のパテで面出しできるくらい、形を綺麗に整える事が綺麗に仕上げるポイントです。最初は豪快に作業する事も必要ですが、形が整ってきたら、妥協せずに微修正の作業を丁寧に行いましょう

 

 

エアガン塗装に挑戦する

 

板金塗装を綺麗に仕上げるには、エアガン塗装を活用すると効率的です。

 

コンプレッサーやエアガン、エアブラシなど揃える機材は必要で、大きめの庭がないと作業は難しいですが、板金塗装をつきつめていくには必要不可欠な設備です。個人のDIY板金塗装でも、要領を覚えていくと、この辺の設備を揃えていく人はたくさんいます。

 

エアガンによる塗装ができると、色の調合によって補修しない部分と色を同化させたり、綺麗にボカしたり、完成度の高い光沢を出せるようになります。

 

上級編まで板金塗装のDIYを極めると、オールペンやカスタムペイントを自分自身で行ったり、友人から作業依頼をもらって、週末副業などでお小遣い稼ぎができるようになります。