簡単な板金塗装の修理では売却時の査定には影響が出ない。メインフレーム等の修復歴の有無が最も重要になります。

事故車・修復車の定義について

MENU

事故車・修理車・修復車

悩む女性の画像

 

車を事故や自損で傷つけてしまった場合に、
「この車は事故車や修復車となって売り物にはならなくなるのではないか?」と多くの方が不安になります。
ちょっとした外装の板金塗装による修理程度でしたら、ほとんど車を売却する時の査定には影響しません。

 

簡単に事故車などの定義をご説明させていただきます。

 

事故車

その名の通り事故を起こした車です。
事故を起こした時点で修理をする・しないに関わらず、事故を起こした全ての車を事故車だと捉えてしまう人もいますが、事故車とは事故を起こして修理をせずに現状となっていることです
大きな事故で大破している車も事故車ですし、バンパーを少しぶつけて、外れた状態のままになっている車も事故車になります。
事故をきっかけに売却をする場合は、修理代金を出して綺麗にして売却するより、事故車として売却してしまった方が修理代金を考えるとお得になるケースも多いです。

 

 

修理車

事故した車を板金塗装や部品交換などで修理した車を「修理車」と呼びます
ドアやバンパーの板金塗装修理から、割れた灯火類(ヘッドライト等)を交換した物も修理車となります。
簡単な修理内容や、腕の良い板金職人が作業したちょっとした修理でしたら直した部位にもよりますが、売却時に査定の影響が出る事も少なく、査定される時に修理した事自体気づかれないケースも非常に多いです。

 

 

修復車

事故で損傷した車を綺麗に直しても売却時の査定に大きな影響が出るのが「修復車」になります
車業界では修復歴有り車と呼ばれる事も多いです。

 

車のメインフレームやフロア・足回りなどの歪みを修復した物を修復車となります。
実際にメインフレームが歪んでなく、補正を行っていなくても、修理した部位によっては修復車と捉えられることもあります。

 

具体例を挙げると、

・ボンネットやリアゲートの脱着をした形跡がある車
・ピラーなどに塗装跡がある車
・天井部分に塗装した形跡が見られる車

 

など、大掛かりな修理・修復を行うケースでないと触らないような部品の脱着跡がある場合は修復車と見られてしまうこともあります。

 

 

車は上記の3種類に加えて無事故車を合わせた4種類になります。
大きなポイントは、「事故を起こした時に修理車になるか、修復車になるか?」が車を売却する時に重要になってきます。
板金塗装を依頼する際には不安でしたら修復歴が有りになる修理内容になるか聞いてみるとよいでしょう。